重要判例解説(24);最高裁判所平成20年4月24日判決

1 事案
A(昭和7年2月生まれ。死亡時67歳の男性)は,B大学病院(本件病院)の心臓外科に入院し,手術を受けたが,その翌日死亡した者である。
Y(被告・被控訴人・上告人)は平成11年9月当時B大学医学部心臓外科教室の教授として勤めていた医師であり,Cは同心臓外科助手(病院講師)として勤めていた医師である。
また,X1~X3(原告・控訴人・被上告人)はAの配偶者及び子である。
平成11年1月,Aは,本件病院とは他の病院で受けた検査の結果,大動脈弁狭さくおよび大動脈弁閉鎖不全により大動脈弁置換術が必要と診断された。
同年9月頃,手術を受けることを決心したAは,同月20日に本件病院の心臓外科に入院した。
CがAの主治医となり,同月25日までにAに対して,術前の諸検査を実施した。そして,その結果を踏まえたカンファレンスで大動脈弁置換術の手術適応が確認され,医師Dが執刀医となることが決定した。
Cは,同月27日(本件手術前日),AおよびX1らに,本件手術の必要性,内容,危険性などについて説明した。
Yは同日午後5ころ,Cに対して本件手術はY自身が執刀医となる旨を伝えたが,YはAまたはX1らに対して,手術についての説明を行ったことは無かった。
同月28日の手術では,当初の執刀はCが担当し,体外循環開始後はYが術者となっ  た。なお,Aの大動脈壁が薄く脆弱であったことから,縫合部等から出血する等して手術は長時間にわたったが,その全部の時間においてYが執刀していたわけではない。
同月29日,Aは死亡した。
一連の事実を受けて,X1は,本件手術のチーム医療の総責任者で中心的な執刀をしたYに対して,手術の手技上における過失,手術についての説明義務違反を理由に,不法行為に基づいて損害賠償請求を提起した。
第1審(大阪地堺支判平成16年11月19日)は,Yの過失を全面的に否定した。
原審(大阪高判平成18年6月8日)は,チーム医療の総責任者であり,かつ,実際に執刀を担当したYには,AまたはX1らに対して,Aの症状が重症で,大動脈壁が脆弱である可能性も相当程度あるため,場合によっては重度の出血が起こってバイパス術の選択を含めた深刻な事態が起こる可能性もあり得ることを説明すべき義務があったとした。その上で,それにもかかわらず,大動脈壁の脆弱性について説明したことがなかったのはYも認めているから,Yには信義則上の説明義務違反があったとして,民法709条に基づいてX1らの請求を一部認容した

2 判旨
破棄差戻し。
「一般に,チーム医療として手術が行われる場合,チーム医療の総責任者は,条理上,患者やその家族に対し,手術の必要性,内容,危険性等についての説明が十分に行われるように配慮すべき義務を有するものというべきである。しかし,チーム医療の総責任者は,上記説明を常に自ら行わなければならないものではなく,手術に至るまで患者の診療に当たってきた主治医が上記説明をするのに十分な知識,経験を有している場合には,主治医に上記説明をゆだね,自らは必要に応じて主治医を指導,監督するにとどめることも許されるものと解される。そうすると,チーム医療の総責任者は,主治医の説明が十分なものであれば,自ら説明しなかったことを理由に説明義務違反の不法行為責任を負うことはないというべきである。また,主治医の上記説明が不十分なものであったとしても,当該主治医が上記説明をするのに十分な知識,経験を有し,チーム医療の総責任者が必要に応じて当該主治医を指導,監督していた場合には,同総責任者は説明義務違反の不法行為責任を負わないというべきである。このことは,チーム医療の総責任者が手術の執刀者であったとしても,変わるところはない。」「Yは自らA又はその家族に対し,本件手術の必要性,内容,危険性等についての説明をしたことはなかったが,主治医であるCが上記説明をしたというのであるから,Cの説明が十分なものであれば,上告人が説明義務違反の不法行為責任を負うことはないし,Cの説明が不十分なものであったとしても,Cが上記説明をするのに十分な知識,経験を有し,Yが必要に応じてCを指導,監督していた場合には,Yは説明義務違反の不法行為責任を負わないというべきである。」「Cの説明内容,Cが本件手術の必要性,内容,危険性等について説明をするのに十分な知識,経験を有していたか等について更に審理を尽くさせるため」原審に差し戻した。

3 解説
本件判決は,チーム医療の総責任者に患者またはその家族に対する説明義務の存在を認めつつも,総責任者自らがその説明を行う必要はなく,①主治医が十分な説明を行った場合や,②主治医の説明は不十分であったがその主治医自身は説明を行うのに十分な知識・経験を有しており,総責任者が必要に応じて指導・監督をしていた場合は,説明義務違反の不法行為責任を負うことはないとしたものである。 

アクセス

横浜駅みなみ西口徒歩5分

神奈川県横浜市西区南幸2-20-2
共栄ビル6階(地図はこちら

交通

  • JR横浜駅西口 徒歩7分
  • ブルーライン、相鉄線横浜駅みなみ西口徒歩5分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

横浜を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

交通事故無料法律相談

保険会社の言いなりにならない解決、適正な損害賠償額を目指すためにサポートいたします