住宅ローン条項

個人再生手続きで利用されるもので、住宅資金貸付債権に関する特則を利用することで自宅を保有し続けることが可能です。
この特則は、住宅ローン債務についてリスケジュールを行って担保権の実行を回避し、住宅を確保するための特則です。但し、住宅ローン債務は免除されません。
住宅資金貸付債権に関する特則は、小規模個人再生にも給与所得者等再生にも利用することができます。

住宅ローン条項利用の要件
要件として、住宅に関する要件、貸付内容に関する要件、担保権の内容に関する要件があります。
1)住宅に関する要件
債務者個人が所有し、建物床面積の2分の1以上の部分を自己の居住の用に供する建物が対象とされています。住宅が共有の場合で、夫婦がそれぞれ1/2ずつの共有持分であれば夫婦とも住宅資金貸付債権に関する特則を利用した個人再生手続きを利用することができます。

2)貸付内容に関する要件
住宅の建設、購入、改良等に対する貸付であり、それ以外の目的での借入が含まれていないこと。従って、住宅ローンに加えて一般の貸付も抱き合わせた借入の場合には本特則を利用することはできません。


3)担保権の内容に関する要件
住宅に住宅ローン以外の担保権が存在しないこと
住宅ローンを被担保債権とした担保権が複数あっても住宅ローン条項の利用の妨げにはなりません。しかし、任意整理などで抵当権を設定してしまうと、住宅ローン条項が使えなくなります。当弁護士法人において扱った事案には、実際に任意整理で住宅ローンの抵当権の後順位抵当権を設定していたが故に、住宅ローン条項付き個人再生手続きを利用できず、破産しか選択肢がなかったものが少なからずありますので、十分ご注意ください。

なお、再生手続開始決定後、再生計画が認可されるまでは再生債権の弁済が禁止されますが、住宅ローンについては裁判所の許可を得ることにより、手続開始後も弁済を続けることができ、遅延損害金の発生を防ぐことができます。しかし、手続開始時までに住宅ローンの返済を怠り、期限の利益を失ってしまうと弁済許可を得ることができなくなりますので、十分ご注意ください。

アクセス

横浜駅みなみ西口徒歩5分

神奈川県横浜市西区南幸2-20-2
共栄ビル6階(地図はこちら

交通

  • JR横浜駅西口 徒歩7分
  • ブルーライン、相鉄線横浜駅みなみ西口徒歩5分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

横浜を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

交通事故無料法律相談

保険会社の言いなりにならない解決、適正な損害賠償額を目指すためにサポートいたします