自動車ローンを組んで、自動車を購入しました。破産手続を始めると自動車を引き上げるという連絡が、ローン会社から来ました。なんとか引き上げられずに済む方法はないのでしょうか。

まず、自動車ローンの契約内容次第では、破産手続をはじめることをローン会社に通知した段階で、ローン会社自動車を引き上げます。所有権留保といって、ローンを完済するまでは、自動車の所有権をローン会社のものにしておく契約があると、ローン会社は、債務が完済できないと判断したとき、その所有権に基づいて自動車を引き上げるのです。
この引き上げを通告されたとき、自動車を引き上げられたくないからといって、ローン会社にだけ支払うということはしてはいけません。その支払いは、偏頗弁済ということになって、免責が得られなくなってしまう可能性があるからです。
では、どういう方法をとれば、引き上げを回避できるのかということですが、まずは、保証人がついていれば、保証人が残っている債務全額弁済をすればローン会社による引き上げは回避できます。
また、保証人がいない場合でも、破産者と家計が同一でない者が、債務の弁済をすれば、引き上げはされることはありません。
ただ、破産をするということになると、引き上げを回避しても、破産開始決定時に破産者の財産として管財人に引き継がれてしまい、管財人により処分されてしまう可能性があります。これについてはQ2で扱います。

アクセス

横浜駅みなみ西口徒歩5分

神奈川県横浜市西区南幸2-20-2
共栄ビル6階(地図はこちら

交通

  • JR横浜駅西口 徒歩7分
  • ブルーライン、相鉄線横浜駅みなみ西口徒歩5分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

横浜を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

交通事故無料法律相談

保険会社の言いなりにならない解決、適正な損害賠償額を目指すためにサポートいたします