信用情報とブラックリスト

ブラックリストという言葉をよく使いますが、実際にはブラックリストという名のリストはありません。

世間でブラックリストと言っているものは、信用情報をさしております。信用情報とは、クレジットやローンなどに関する契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)・利用残高など個人や会社の信用状況(返済能力など)を表す情報を意味します。

ブラックリストに載るという言葉がありますが、これはこの信用情報にたとえば支払い遅延とか破産、個人再生、任意整理など(これらを総称してここでは金融事故と表現します)をしたことが記載され、その結果として新たにクレジットを利用したりローンを利用できなくなることを意味します。では、信用情報に金融事故が掲載されると、新たにクレジットやローンを利用できなくなるのでしょうか。それは、信用情報が信用情報機関に登録され、信用情報機関に加入している会員のクレジット会社や消費者会社、金融機関がクレジットの申し込みやローンの申し込みがあった時に、所属している信用情報機関に対して申込者の信用情報を請求して、申込者の信用状況を調査し、金融事故があったかどうか、返済能力があるかどうかを調査するためです。この信用情報はその対象となった個人会社にとって非常に重要な内容であることから、申込者の同意がなければ信用情報機関は会員企業の照会があっても回答しない仕組みを取っています。ですから、皆さんがクレジットやローンを組もうとするときには、信用情報開示の同意書に署名押印しなければならないようにしているのです。

 

各人の信用情報の信用情報機関への登録は各加盟企業の申請によるため謝った情報が登録されることもあり得えます。そこで、各信用情報機関は信用情報の対象者に対して一定の手続きを踏んでその方の信用情報を開示する手続きを採用しています。

信用情報期間には会員企業の業種によって現在3つ機関があります。株式会社日本信用情報機構(JICC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、全国銀行個人信用情報センターです。

JICCの加盟会員企業は、信販会社、消費者金融会社、流通系・銀行系・メーカー系カード会社、金融機関、保証会社、リース会社となっています。

株式会社シー・アイ・シー(CIC)の加盟企業は、貸金業法および割賦販売法を営んでいる会社となります。

全国銀行個人信用情報センターの加盟企業は、銀行、信用金庫、信用組合、協同組合などとなります。 

アクセス

横浜駅みなみ西口徒歩5分

神奈川県横浜市西区南幸2-20-2
共栄ビル6階(地図はこちら

交通

  • JR横浜駅西口 徒歩7分
  • ブルーライン、相鉄線横浜駅みなみ西口徒歩5分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

横浜を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

交通事故無料法律相談

保険会社の言いなりにならない解決、適正な損害賠償額を目指すためにサポートいたします