協議離婚の際に注意すべきことは何ですか。

夫婦の間に未成年の子がいる場合は,夫婦のどちらが親権者になるのかを決める必要があります。これは,離婚届けに記載します。
また,結婚によって姓が変わった妻又は夫は,元の姓に戻り,戸籍も変わります。このとき,元の戸籍(親の戸籍など)に戻るか,新しく戸籍を作るかを選べます。これも,離婚届に記載します。
なお,離婚しても結婚中の姓を使い続けたいという場合は,離婚から3か月以内に「離婚の際に称していた姓を称する届」を戸籍係に提出する必要があります。離婚届と同時に出す場合が多いようです。
この届出用紙は戸籍係に備え付けられていますし,インターネットでダウンロードすることも可能です。
財産分野や慰謝料,未成年の子がいる場合の養育費については,必ずしも離婚時に定めておく必要はありません。財産分与は離婚後2年,慰謝料は不法行為(精神的損害を受ける原因となった行為)のときから3年,養育費は未成年の子が扶養を必要とする間はいつでも請求できるからです。
ただ,離婚さえしてしまえば後は知らないという元配偶者も少なくありませんし,感情的な問題もありますから,離婚後に話し合いの機会を持つのは事実上困難だといえます。したがって,これらの点についても,離婚までの間になるべく決めておいたほうがよいでしょう。

アクセス

横浜駅みなみ西口徒歩5分

神奈川県横浜市西区南幸2-20-2
共栄ビル6階(地図はこちら

交通

  • JR横浜駅西口 徒歩7分
  • ブルーライン、相鉄線横浜駅みなみ西口徒歩5分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

横浜を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

交通事故無料法律相談

保険会社の言いなりにならない解決、適正な損害賠償額を目指すためにサポートいたします