愛人の子でも養育費を支払わねばなりませんか。認知していなくても支払う必要がありますか

親は未成熟子に対して扶養義務を負ったおり,妻との間に生まれた嫡出子に対するだけではなく,婚姻外で愛人との間に生まれた子であっても,父親として扶養義務を負うので,養育費を支払わねばなりません。
もっとも,子の扶養義務は法律上の父親として負うものですから,認知するまでは養育費の支払い義務を負いません。母親と婚姻していない父親は,認知することによって初めて子の法律上の父親になります(民法779条)。なお、自ら認知していなくても母親の側から認知請求されることはあります。

アクセス

横浜駅みなみ西口徒歩5分

神奈川県横浜市西区南幸2-20-2
共栄ビル6階(地図はこちら

交通

  • JR横浜駅西口 徒歩7分
  • ブルーライン、相鉄線横浜駅みなみ西口徒歩5分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

横浜を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

交通事故無料法律相談

保険会社の言いなりにならない解決、適正な損害賠償額を目指すためにサポートいたします