妻の浮気が原因で協議離婚をすることになりました。妻には収入がなく、子育てにも無関心なので、夫の私が親権者になりたのでのすが、可能でしょうか?

離婚の際には必ず親権者を定めなければなりません(民法819条1項)。夫婦間の話し合いで親権者を決められない場合には、家庭裁判所に夫婦関係調整の申立てをして、その協議の中で親権者を定めることになります。それでも、親権者の合意ができない場合には、離婚訴訟を提起して裁判所に親権者としてどちらがふさわしいか判断してもらうことになります。親権者について真に争点となっている場合で、裁判所が調査官の調査を必要と判断した場合には調査官が子供のいる方の家庭に出向いて子供の育成環境や子供を成育しいている親などに聞き取りなどをして親権者についての調査報告を裁判所に提出してこれをもとにして裁判所が親権者を決定することになります。その際の判断基準ですが、監護の実績、監護能力、今後の養育方針や養育環境、親権者としての適格性(虐待の有無、健康状態、年齢等)、子の年齢、性別、健康状態、兄弟姉妹の関係等、様々な要素が考慮されることになります。

したがって、母親が必ず親権者に指定されるわけではありません。これまでの子育ての実績や、子に対する愛情の深さ、心理的結びつきの強さ等によっては、父親が親権者に指定されることは十分ありますが、一般論としては、母親が親権者に指定されるのが通常とえます。

アクセス

横浜駅みなみ西口徒歩5分

神奈川県横浜市西区南幸2-20-2
共栄ビル6階(地図はこちら

交通

  • JR横浜駅西口 徒歩7分
  • ブルーライン、相鉄線横浜駅みなみ西口徒歩5分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

横浜を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

交通事故無料法律相談

保険会社の言いなりにならない解決、適正な損害賠償額を目指すためにサポートいたします